アカアシガメ。[爬虫類図鑑]

アカアシガメ
Red-footed tortoise

アカアシガメ
科名
リクガメ科
その他の名前
英名:[Red-footed tortoise]、[South American red-footed tortoise]
学名:[Chelonoidis carbonaria]
生息地
アカアシガメは南アメリカ大陸の北部にあるサバンナとサバンナ森林地帯に生息しています。
生息状況
普通
大きさ
甲長:40~50cm
繁殖
卵生
一度に4~15個の卵を産みます。
食べ物
アカアシガメは草食性で果物や草、野菜などを食べます。
活動時間帯
夜行性
解説
アカアシガメは名前の通り、前肢に大きな赤い鱗を持っているリクガメで、前肢ほどではありませんが、それ以外にも頭の一部や後肢にも赤い鱗が見られます。

アカアシガメの背甲はやや縦に細長い形状をしており、黒っぽい色をした甲板の中心部分にはハッキリとした黄色の斑紋があります。

アカアシガメ熱帯雨林に生息しているカメである事から高温、多湿な環境を好む為、ペットとして飼う場合も飼育温度は25度以上に保つように心がけましょう。
また、餌もひとつの種類を与えるのではなく、様々な植物を与える方が良いとされています。

現在のところ、生息数が少ない訳ではないので保護の対象になるような状況にはありませんが、現地では食料とする為の採集であったり、農地を拡大する際に行われる野焼きなどによって生息状況はじょじょに悪化していると考えられています。

尚、アカアシガメの類似種としてはキアシガメがあげられます。