インドホシガメ。[爬虫類図鑑]

インドホシガメ
Indian star tortoise

インドホシガメ
科名
リクガメ科
その他の名前
ホシガメ
英名:[Indian star tortoise]
学名:[Geochelone elegans]
生息地
インドホシガメはインドを中心としたパキスタンやスリランカなどの南アジアに分布しています。
生息状況
絶滅危惧
大きさ
全長:30~38cm
繁殖
卵生
一度に2~20個の卵を産みます。
食べ物
草食性で野菜や果物などの植物を食べます。
ペットとして飼う場合はドッグフードを与える事もあります。
活動時間帯
薄明性
解説
インドホシガメは単にホシガメと呼ばれる事もある主に南アジアに生息している陸亀で、背甲にあるはっきりとした星形の模様がホシガメの名前の由来となっています。

上記の写真ではあまり甲羅に立体的な盛り上がりはありませんが、成体になったものは星形の部分がボコボコと大きく盛り上がっているものも見られます。
インドホシガメの四肢はリクガメらしくがっしりとしていて、長時間の歩行にも耐え、先端にある長い爪を使って穴を掘る事も容易です。
インドホシガメの地の色は黄色でその上に黒っぽい濃い褐色の模様が入る事によって星形模様が形成されています。

インドホシガメは砂丘などの乾燥した地域に生息していますが、雨季になると活発に活動するという特徴を持っています。

ペットとして飼う場合はキチンと両目が開いている個体や食欲が旺盛なものなど、弱っている兆候が見られない個体を選ぶと良いでしょう。