キューバワニ。[爬虫類図鑑]

キューバワニ
Common box turtle

キューバワニ
科名
クロコダイル科
その他の名前
玖瑪鰐
英名:[Cuban crocodile]
学名:[Crocodylus rhombifer]
生息地
キューバワニは名前の通り、カリブ海に浮かぶ島にあるキューバの淡水の沼地に生息しています。
生息状況
絶滅危惧
大きさ
体長:300~350cm
繁殖
卵生
一度に20~50個の卵を産みます。
食べ物
キューバワニは肉食性で魚類や爬虫類の他、哺乳類の肉も食べます。
活動時間帯
昼行性
解説
キューバワニは非常に攻撃的で獰猛なワニとして知られ、写真のように飛び跳ねて襲いかかってくる事もあります。強力な後脚を使って飛ぶ事のできる距離は最大2mとも言われ、3mに及ぶ巨体を中に浮かす事のできる身体能力は計り知れないものがあります。

キューバワニの体は黒と黄色の入り混じった皮膚をを持ち、頭部の目の後ろには大きな角状の骨質で出来た突起があります。

キューバワニは一時期、急激に数が減少し1959年には殆ど絶滅したと考えられていましたが、その後保護の対象となり、じょじょに個体数を回復しつつあります。
また、個体数の減少の原因のひとつとなったのは人の手によって海外から移入されたマクダレナメガネカイマンがキューバワニの幼体を食べた為であるとも言われています。

キューバワニの類似種としてはアメリカワニがあげられ、キューバワニとアメリカワニが交配する事もあります。