ナイトアノール。[爬虫類図鑑]

ナイトアノール
Knight anole

ナイトアノール
科名
イグアナ科
その他の名前
英名:[Knight anole]
学名:[Anolis equestris]
生息地
ナイトアノールはカリブ海に浮かぶ大アンティル諸島のキューバに分布しており、現在ではアメリカ合衆国のフロリダ州にも移入され、森林の大木などに生息ています。
生息状況
普通。
生息場所によっては少ない。
大きさ
体長:30~50cm
繁殖
卵生
一度に2個の卵を産みます。
食べ物
ナイトアノールは昆虫などの節足動物やカエルなどの両生類、小型の爬虫類の他、植物も食べます。
活動時間帯
昼行性
解説
ナイトアノールはアノールの仲間の中では最も体の大きい種類で、通常は上記の写真のような鮮やかな緑色をしていますが、褐色の個体も存在しており、暗緑色の斑紋が見られるものもいます。

ナイトアノールの体には肩の上と目の下あたりに明るい色をした黄色い縞模様があり、オスはピンク色のデュラップを持っています。また、尾が長くて胴体に対して頭部が大きく頭部の先端にある吻が尖っている事などが特徴です。

昼行性ですが日陰を好み、樹木の表面を移動しながら生活しています。特にヤシの樹冠で生活している個体が多いと言われています。
ナイトアノールは適応能力が高い種類としても知られており、移入先のフロリダ州で強靭な顎を活かして様々な動物を食べて生存している事からもうかがい知る事ができます。

ペットとして飼育する場合は大きめのテラリウムを用意し、中には枝や観葉植物などを入れて湿度を保つようにし、温度は25~30℃程度、紫外線も照射する必要があります。
また、飼育下での繁殖も可能な種類だと言われていますが、噛む力が強い種である為、噛まれると深い傷を負う危険性があり、噛まれないように注意が必要です。