ナンベイウシガエル。[爬虫類図鑑]

ナンベイウシガエル
South american bullfrog

ナンベイウシガエル
科名
ユビナガガエル科
その他の名前
南米牛蛙
英名:[South american bullfrog]
学名:[Leptodactylus pentadactylus]
生息地
ナンベイウシガエルは中央アメリカと南アメリカのエクアドル、コロンビア、スリナム、ペルー、ボリビアなどの国々にある池、湖、沼、小川などの周辺に生息しています。
生息状況
普通
場所によっては少ない
大きさ
体長:8~22cm
繁殖
卵生
雨季に水中で卵を産みます
食べ物
ナンベイウシガエルは小型の哺乳類や爬虫類、両生類や昆虫などの節足動物を食べます。
活動時間帯
夜行性
解説
ナンベイウシガエルはウシガエルの名の通り、大きくて力強い体つきをしていて基本的には攻撃性が高いカエルですが、人間に捕獲されると大きな声を出すという特徴を持っています。

ナンベイウシガエルの体は全体的に黄色、又は写真のような淡い褐色をしていますが、赤っぽい部分や黒っぽい部分、暗褐色の部分など様々な色が入り混じっています。
また、四肢は非常に筋肉が発達しており、敵と対峙した際には親指の位置にある黒色の棘を武器にして戦います。

基本的には陸生のカエルで求愛行動は冠水した場所に隣接した陸上の空洞で行われます。求愛に応じたメスがあらわれるとオスが後肢で泡立てて巣泡を作り、その中にメスが卵を産みつけます。

ペットとして飼う場合には水苔を敷きつめたアクアテラリウムを用意し、体全体が入るくらいの水入れを用意する必要があります。

尚、ナンベイウシガエルは現地では食用にされており、主に筋肉質の後肢が食べられているようです。