パンサーカメレオン。[爬虫類図鑑]

パンサーカメレオン
Panther chameleon

パンサーカメレオン
科名
カメレオン科
その他の名前
英名:[Panther chameleon]
学名:[Furcifer pardalis]
生息地
パンサーカメレオンはアフリカ大陸の東側にあるマダガスカル島の北部に分布しています。
また、現在ではマダガスカル島の付近にあるモーリシャスやレユニオンなどにも移入されています。
生息状況
絶滅危惧
大きさ
全長:40~56cm
繁殖
卵生
一度に12~50個の卵を産みます。
食べ物
肉食性で主に昆虫などの節足動物やネズミなどの小型の哺乳類を餌としています。
活動時間帯
昼行性
解説
パンサーカメレオンは上記の写真の通り、非常に色彩の豊かなカメレオンとして知られ、環境に応じた色彩の変異についても非常に激しく、短時間で体の色を大きく変える事ができます。

パンサーカメレオンは見た目の華やかさとカメレオンらしいハッキリとした体の変色などの特徴を持っている為、日本でも昔からペット用の爬虫類として人気があり、カメレオンの仲間としては飼育もそれほど難しくありません。
しかし、コオロギなど同じ餌ばかりやっていると、食べなくなる事があり、栄養が偏った事によって栄養不足にも陥りやすい為、定期的に餌を変えつつ、与える直前の餌にビタミン剤やカルシウム剤などの添加して与えてやる必要があります。
また、餌として与えた昆虫から逆にかじられてしまう事もあるので、餌を与える際には注意が必要です。

パンサーカメレオンは原生林よりも湿気の高くて少し人の手の入った低木林などに好んで生息しており、数が少ない事から絶滅危惧種に指定されています。