セマルハコガメ。[爬虫類図鑑]

セマルハコガメ
Yellow-margined box turtle

セマルハコガメ
科名
ヌマガメ科
その他の名前
英名:[Yellow-margined box turtle]
学名:[Cuora flavomarginata]
生息地
セマルハコガメは中国の東部や東部、台湾などに生息しています。
また、国内では八重山諸島に分布しています。
生息状況
普通
大きさ
甲長:10~16cm
繁殖
卵生
一度に1~4個の卵を産みます
食べ物
主にコオロギなどの節足動物やミミズ、カタツムリなどを食べますが、雑食性なので植物も食べます。
活動時間帯
昼行性
解説
セマルハコガメはアジア東部に住むカメで写真の通り、四肢の先に水掻きはありませんが湿気の多い淡水域に生息しており、あまり水に入る事はありませんが上手に泳ぐ事ができるカメです。

セマルハコガメには腹甲の部分に蝶番(ちょうつがい)がある事から前脚や後脚、頭部などをひっこめた後に出口を閉じる事によって外敵から身を守る事ができます。
また、背甲と腹甲は共にふっくらとした丸みを帯びています。

セマルハコガメの体の色は裏側の部分は全体的に黄色で頭部に関しては特に黄色の部分が多く、目の後ろから首筋にかけてハッキリとした黄色のラインが入っています。

尚、セマルハコガメの類似種としてはマレーハコガメなどがあげられます。