アカメアマガエル。[爬虫類図鑑]

アカメアマガエル
Red-eyed tree frog

アカメアマガエル
科名
アマガエル科
その他の名前
英名:[Red-eyed tree frog]
学名:[Agalychnis callidryas]
生息地
アカメアマガエルはメキシコからパナマ辺りまでの中央アメリカに分布しています。
生息状況
普通
大きさ
全長:4~7cm
繁殖
卵生
40~60個の卵塊を産みます。
食べ物
肉食性でコオロギなどの昆虫を食べます。
活動時間帯
夜行性
解説
アカメアマガエルは写真の通り、垂直の瞳孔のある真っ赤な目を持ったアマガエルで、背の部分は緑一色であり、その他の部分も体の部位によって綺麗に色分けされている事から、その姿は非常に色鮮やかな印象を受けます。

アカメアマガエルは木の上で移動する事が上手なカエルで、四肢の先には樹上生活を容易にする為のオレンジ色の大きな吸盤が見られます。

求愛はオスが木の上で鳴く事によって行われ、その声は金属的に高い声ですが、やややわらかい印象を受けます。
鳴き声に惹きつけられたメスは一回り体の小さなオスを背に乗せて、池の傍にある木の葉の上に卵塊を産みつけます。
その後、卵から産まれたオタマジャクシは葉から滑り落ち、下にある池に落ちて育っていきます。

尚、アカメアマガエルは同じ餌ばかり与えていると食べなくなるという特徴を持つ為、餌のバリエーションを豊富にする必要があり、そういった意味では長期の飼育は難しい種類です。