ニホンアカガエル。[爬虫類図鑑]

ニホンアカガエル
Japanese Brown Frog

ニホンアカガエル
ニホンアカガエル2
科名
アカガエル科
その他の名前
日本赤蛙
英名:[Japanese Brown Frog]
学名:[Rana japonica]
生息地
ニホンアカガエルは日本国内の本州から四国、九州にかけての広い地域に分布し、平地から低い山地の森林地帯や草原、水田などに生息しています。
海外においても中国の一部地域で見られると言われてきましたが別種である可能性が高くなった為、日本固有の種とされるようになりました。
生息状況
普通
大きさ
体長:3.5~7.5cm
繁殖
卵生
一度に500~3000個の卵を産みます。
食べ物
ニホンアカガエルは肉食性で昆虫などの節足動物を食べます。
活動時間帯
不明
解説
ニホンアカガエルはキュッキュッとこもったような声で鳴くアカガエル科のカエルで日本を代表する種類のひとつです。また、一部の個体は冬でも鈍い動きでありながらも活動している姿が確認されており、冬眠をしない個体もいるのではないかと言われています。

ニホンアカガエルの体の皮膚は赤みのある褐色ですが2枚目の写真に写っている個体のような黄色みが強い個体も多く存在し、名前ほど赤い印象が強いカエルではありません。
後肢が長くジャンプ力に優れており、目の後方から体の側面を通っている背側線があります。また、水の中では水の表面を泳ぐだけで潜って泳ぐような事はまりないようです。

繁殖についてはやや特殊な面を持っており、一般的なカエルとは違って冬の終わりごろから産卵を始める事があります。
卵塊は饅頭型で湿地や水田などの水の溜まった場所に産み落とされます。